バスツアナビ

日帰りで行けるバスツアーのおススメコースをご紹介していきます

露天風呂を楽しむ日帰り旅行が人気急上昇中

なかなか長期の休みを取れない人にとって、日帰り旅行は気分をリフレッシュするのにとても役立ちますよね。でも、日帰り旅行ってスケジュールがバタバタしそうで、余計に疲れてしまうような気がするという声も多く聞かれます。

そこで日帰り旅行だけどゆっくり疲れを取ることができる、露天風呂の旅の魅力についてお話します。


宿泊しなくても露天風呂の入浴はOK

露天風呂というと、旅館に泊まるお客様が楽しめる特別なお風呂と思うかもしれません。けれども、わざわざ宿泊をしなくても露天風呂を楽しめる旅館というのは結構あるんです。日帰り旅行というと、つい観光地をいくつも巡る予定を立ててしまって、終わってみればぐったり疲れていたという人は、露天風呂を楽しむゆったりした日帰り旅行を計画してみることをおすすめします。

露天風呂の魅力は、長時間入浴できるということですよね。外の涼しげな風にあたりながら、ゆっくりと友達と話しこんでみる旅はいいものですよ。

グループでいく日帰り露天風呂なら貸し切りが魅力

女の子数人の日帰り旅行であれば、貸し切り露天風呂を利用するのがおすすめです。女の子同士集まると、話がはずんで大浴場の露天風呂では周りに迷惑をかけてしまうかもしれないという心配がありますよね。

貸し切り露天風呂のある旅館であれば、周りを気にせず露天風呂を楽しめます。例えば、東京からいける日帰り貸し切り露天風呂であれば、「房総鴨川温泉 是空-ZEKUU-」はおすすめです。JR内房線・太海駅から歩いて10分という距離にあるこの温泉施設は、3つの貸し切り露天風呂から好きなお風呂を選ぶことができます。

人数にあわせた選び方が出来るのが魅力で、ひとり大人1300円で50分間貸し切りとなるので、ゆっくりとくつろぐことができますよ。

当日朝からしか予約が出来ないので、ひょっとしたら埋まってしまう可能性もあります。そんなときでも、全面ガラス張りの大浴場を堪能できるので安心です。大浴場からは目の前に壮大な海が見えて、日ごろの疲れを癒してもらえます。

「日帰りバスツアーで子供と一緒に楽しめるおすすめの観光地」

ちょっとだけ足を伸ばして遠出すれば大満足

少しだけ早起きして遠出をすれば、日帰り旅行でも十分に旅気分を楽しめますよね。有名な温泉施設は、都心からは少し離れたところにあることが多いですが、名所をあちらこちら回るのではなく、温泉を楽しむという目的に絞れば、日帰りでも十分に満喫することができます。

静岡県にある赤沢温泉は多くの温泉施設があって、宿泊客もたくさん訪れる観光地ですが、日帰り温泉専用の施設もあるんですよ。「赤沢日帰り温泉館」は化粧品や健康食品などでおなじみのDHCが経営する日帰り温泉施設です。

この施設だけで一日中たっぷり楽しむことが出来るので、友達同士の日帰り温泉や、カップルでの日帰り温泉デートにもぴったりです。例えば大露天風呂は、湯船が空と海と一体になっていて眺めは抜群、内風呂にはジャグジーやサウナも完備されているので、長時間入浴していても飽きることがありません。

温泉デートと言うと、男女は別風呂だからちっとも一緒に過ごせないと心配になりますよね。でも赤沢日帰り温泉館なら大丈夫です。露天風呂付個室の予約が出来るので、カップルでも露天風呂を一緒に楽しむことができます。

個室付きの貸し切り露天風呂ですから、部屋で涼をとりながら温泉を楽しんだり、着替えもゆっくりできるので安心です。

赤沢日帰り温泉館にはレストランも併設されていて、地元でとれた新鮮な魚介類を使ったおいしいメニューを味わうこともできますよ。友達同士でもカップルでも十分に満足できる日帰り旅行になると思います。

日帰り温泉は充実する傾向にある

実は日帰りできる温泉は、全国的にも充実する傾向にあります。一昔前の日本では、旅行といえば「温泉」という声が一番に上がるほど、温泉旅行は大人気でした。もちろん今でも海外旅行客には温泉は人気ですが、日本人の興味というのは温泉よりもグルメに移行しているのが現実なのです。

そこで各温泉地が力を入れているのが日帰り温泉客の取り込みです。旅館やホテルの宿泊客が減っていることもあり、宿泊施設が抱える大浴場や露天風呂にもゆとりがでてきています。その穴埋めをするために日帰り観光客に目を付けたのです。

ある程度の人口がある街では、スーパー銭湯と呼ばれる大衆大浴場をあちこちで見かけます。「たまには家族で大きな風呂に入りに行こうよ」となったときに、わざわざ遠くまで行かなくても大浴場があるのです。遠くの観光地まで足を伸ばしてもらうには、きちんとした「温泉」である必要があり、やはりかけ流し温泉は人気なのですね。

かけ流しをするためには、豊富な量の原泉が湧き出ていなければならず、管理もしっかりしていなければなりません。こうした原泉の利を生かした温泉郷でも、日帰り温泉へ力を入れてきていますから、全国どこでも日帰り温泉が楽しめるようになっていますよ。

ただで日帰り温泉を楽しめる?!

実は日帰り温泉旅行を、タダで楽しめるという場所があるのを知っていますか。東京都の離島である式根島は、釣りやダイビング・カヤックなどいろいろなアクティビティを楽しむことができる島ですが、温泉が湧き出ている島でもあるんです。

その中のひとつ「松が下 雅湯」は、24時間無料で温泉に入ることができるんですよ。ここの湯は硫化鉄泉で、濁り湯となっています。水着着用なので誰でも一緒に、いつでも良質な温泉が楽しめます。夜間もライトアップされているので夜釣りに来たついでに楽しむこともできますね。

式根島へは船や飛行機で行くことができます。完全な日帰り旅行ということであれば、調布空港から新島へ飛行機で移動し、そこから連絡船に乗るのが最も早いアクセスです。

他にも、前の晩に港区にある竹芝客船ターミナルを出港すれば、昼前には式根島へ着くことができ、帰りはジェット船を利用すれば夜までに都内へ戻ることが可能ですよ。

「元旦に日帰り旅行をするメリットとアイディア」

© 2019 バスツアナビ Bluesand Theme