バスツアナビ

日帰りで行けるバスツアーのおススメコースをご紹介していきます

元旦に日帰り旅行をするメリットとアイディア


元旦には日帰り旅行に出かける人も大勢いますが、元旦にあえて出かけるのにはどんなメリットがあるのでしょうか。また、その魅力に駆られた人はどんなアイディアで旅行計画を立てているのかも知ってみると、来年の元旦は旅行に行こうと思うかもしれません。

元旦の日帰り旅行をするメリットとそのアイディアを詳しく紹介します。

「千葉の房総へ日帰り旅行をやってみた」

元旦には家族が揃う

元旦に日帰り旅行を計画するメリットとして、家族全員が揃うということがまず挙げられます。自分やパートナーの両親や祖父母、あるいは孫やひ孫といった広い意味での家族が集まるのはお正月の特徴といえるでしょう。里帰りをするのが一般的なので、それを機会にして全員で旅行に行こうという発想が生まれてくるのです。

今年は大晦日に集まって、元旦は朝から大家族で日帰り旅行に出かけようというのは一興でしょう。日帰りにしておけば三が日を全部休めない人がいても問題ありません。

他にも予定がある人がいる可能性もありますが、元旦だけは予定を空けておいてくれと言えばきっと応じてくれるでしょう。

親族が全員揃った状況で旅行を楽しめるのは元旦を選ぶメリットなのです。

里帰りを旅行にしてしまおう

里帰りをするタイミングというのは元旦の特徴で、それをきっかけにして旅行も楽しんでしまおうというのもよくあるアイディアです。午前中か夜に実家には挨拶に行くことにして、残りは旅行を満喫するといったスケジュールを立てることができるでしょう。

少し離れた場所に住んでいる両親に会うというのならちょうど日帰り旅行をするのにちょうど良いと言えます。かなり離れていても飛行機や新幹線を使えば日帰りをすることも可能なので、無理のない範囲で計画を立ててみましょう。

里帰りをする途中でどこかに寄ることもできるので、必ずしも実家の近くで探す必要はありません。毎年の恒例行事としてどこかに立ち寄って楽しんでくるというのは良い考え方でしょう。

初詣や初売りに行くのが普通

元旦の日帰り旅行として典型的なのは実は里帰りやそれに付随する旅行ではありません。最もよくあるのが初詣で、各地の神社に行って日の出前から楽しんでいる人は大勢います。元旦にしかないイベントなので前々から着付けなどの予約をして準備をしている人も多くなっています。

今年の運勢を知るには絶好のチャンスになり、初日の出も見られれば新しい一年に対して気合を入れられるのも明らかです。初詣は毎年必ず同じ場所に行くという人もいますが、毎回違うところにお参りに行くと旅行気分も楽しみやすくなります。

一方、初売りに行くために日帰り旅行に出かけるというのもよくあるパターンです。初売りは二日からということが多かったものの、最近では元旦からセールを始めるデパートやセレクトショップなども多くなりました。東京や大阪、仙台や福岡などの都市部に繰り出して初売りのセール品や福袋などを購入し、ショッピングを楽しむのも一興です。

初詣と組み合わせて帰り道にデパートに寄ってくるという方法もあり、旅行計画を立てるときに自由に組み込みやすいのが初売りの特徴です。そう遠くない距離の都市を選べば日帰りで十分に満喫できるので、買い物が好きな人は元旦の楽しみとして計画してみましょう。

普段混み合うところが空いていることも多い

元旦の日帰り旅行で持っておきたいアイディアとして、普段混み合っているところに行くというものが挙げられます。元旦は自宅や実家で家族と過ごしたり、初詣に出かけたりすることが多いのが特徴です。普段は混んでいてちょっと行きづらいというところも元旦には空いていることもあるのです。

例えば、いつもハイキング客が押し寄せていてのんびりとできないハイキングコースも元旦は閑散としていてのびのびとできるでしょう。

ただ、元旦だからといってどこでも空いているというわけではありません。温泉は元旦にも混み合う傾向があり、スキー場も元旦であっても大勢の客が押し寄せます。また、エンターテインメント施設の多くは元旦だけは休みになっているのでそもそも利用できないでしょう。

特に営業日に関しては気をつけなければならない点で、年末年始も休まず営業しているところを選ぶか、自然鑑賞などを選択するようにしましょう。レストランなども休業していることがあるため、いつも人気で予約が取れないところへ食事をしに旅行に出かけようというときには早めに連絡して営業するかどうかを確認するのが大切です。

計画するときに知っておきたいポイント

元旦に日帰り旅行をするときには計画段階で気をつけておきたいポイントがあります。

日帰り旅行で遠出をするときにはどんな交通手段を使うかをよく考える必要があり、車で旅行に出かけて渋滞に巻き込まれると計画通りに旅行できなくなってしまうでしょう。

元旦は時間帯や場所によって道が混み合うので、できれば電車や飛行機を利用した方が計画通りになります。長距離の移動は電車や飛行機を使い、現地での移動はレンタカーにするという発想も良いでしょう。ただ、レンタカー会社も休みのことがあるので早めに連絡をして予約可能かどうかを確認しておくのが肝心です。

© 2019 バスツアナビ Bluesand Theme